【キセキの出会い術】ありのままの自分を受け入れてほしい!の間違った使い方

StockSnap / Pixabay

先日、婚活事前モテ講座で
【自分を知って新しい自分を創造する】
っていう講座を開催したのね。

そしたら
『ありのままの私を受け入れてくれる男性と出会いたいんです』
って受講生がいました☆

うんうん。わからなくはないよ。
ありのままの自分って大切だよね♡

でも
吉原さんは疑問に思ったのだ。

ありのままの自分でいたから
出会っていないんじゃないのかい?

ありのままの貴女ってのは
言わば…飾り立てない貴女なわけで

んじゃ、究極。初対面の男性の前で
ティッシュでチーンとかやるって事だよ?
家ではチーンてやってるでしょ?

今日フェイスブックで
わかりやすい表現を
している記事をみた☆

〜〜〜

ありのままの貴女ってことは
畑から引っこ抜いてきた泥だらけの
野菜をテーブルに並べて
『さぁ。どうぞ』ってしてるのと
同じだってw

〜〜〜

そうなのよ!!!

ありのままって
飾り立てない自分ではあるんだけど
泥だらけの野菜を
選ぶ男性は貴重だろうね~。

逆を考えてみて☆
泥だらけの男性選ぶ?

(吉原さんはむ~り~)

貴女だって、希望条件に
清潔感・オシャレ・細マッチョとか
あるわけやん?

これって、ありのままの男性ではないわね。
無精髭生えてたら だらしないとか
言うやん?

テーブルに並べられたお料理☆
・見栄えのいいインスタ映えするお料理
・泥や虫がついた盛り付けてもいないお料理
あなたならどっちを選ぶ?

(わたしゃ、前者)

初対面の時くらい
かっこつけてよ☆
可愛くしていってよ☆

婚活パーティー行くのに
地味なスーツじゃ
後者と一緒だよ☆

ありのままを出していいのは
お付き合いする事になってからね♫

(これについてはまた今度)