なんとかしたい!シミが出来る原因と対策方法

lightstargod / Pixabay

皆さんこんにちは肌専門家吉田千春です。

今回のテーマは【シミ】についてです

あれ?!
こんなところにシミあった!?
ずーーーっと気になっている嫌なシミ
なんとかしたいそんな貴方に読んで頂きたい。

シミが出来る原因は?

①紫外線・化粧品(外面)

・紫外線  紫外線はメラニンを黒化させます
・乾燥  慢性の乾燥は肌荒れを引き起こし、メラノサイト刺激します
・摩擦  自分ではこすっていないつもりでも、クレンジングや洗顔時、メイクをする時など皮膚をこすることはしみをつくったり濃くしてしまう原因となります。
何気ない頬づえを毎日しているとフェイスラインにうっすらシミが広がったり 、にきび跡にきび跡が色素沈着するとしみとして残ってしまいます

②新陳代謝の低下(内面)

・老化 (20歳代後半位から始まります)
肌の免疫力が低下し、メラニンが沈着してしまいます
・アレルギー、アトピー
抵抗力が弱い為、様々な刺激でメラニンが黒化し、沈着してしまいます

③ホルモンバランス(精神面)

・ホルモンバランス  妊娠、閉経、ホルモン代謝の疾病
・ストレス  感じ取れるストレス自分では知らないうちに溜まるストレスさまざまですが、自律神経の乱れによりメラノサイトを刺激します。

 

以上、多くの要因が複雑にからみあってシミができ、

正しく対処しないと沈着してしまいます。

 

superaaronx2001 / Pixabay

 

シミの対策方法

活発な新陳代謝が肌を復活させる!

新陳代謝とは、体の中で行われる物質の分解と合成に関する化学変化をいい、 これには物質代謝とエネルギー代謝があります。

体は、常に何らかの形で外にエネルギーを 失っているわけですから、生命を維持するために、化学的なエネルギーに富んだ栄養素を取り入れ、 れを元に新しい組織を生成し古い組織を排泄します。

この活動を新陳代謝といい、若々しい肌を保つのも新陳代謝に頼るところが大きいのです。

①ベースメイク

肌に負担となるパラペン・ロウ・ワックス・香料・・・etc 指定成分とされているものを全てカットし 様々な外的刺激から肌を保護します

②自宅でのスキンケア

乾燥、保湿、保護対策  酸化させる事により沈着するのでオイルクレンジグや酸化させやすい物の使用さけ、還元作用の高い商品をつかう。

③エステ

自分では出来ない細胞から・神経からのケアは
専門家のエステを受ける。

④サプリメント(補助食品)

肌の抵抗力を高める為にはビタミン・ミネラルの 摂取は不可欠です。 またアレルギー体質の方は肌の抵抗力が弱く炎症をおこしやすい。 抵抗力を高めるには抗酸化作用の高い水素サプリメントやビタミン・ミネラルの摂取が大切です。

⑤環境整備

普段の食生活や睡眠時間を気をつける。
常に清潔に気をつける。(まくらカバーなど)

 

いかがでしたか?
シミが気になったら
まず、以上の事を心がけてみて下さい。

 

アドバイザー

吉田千春
吉田千春

肌専門家が肌トラブルから原因不明の体調不良など

予防医学の分野から情報をお届けします。